ジェクスの取り組み

社会貢献委員会

社会貢献委員会について

前年度の社会貢献をさらに深めるために、専門のチームを作って、皆様に報告をすることにより、より一層充実した社会貢献を弊社ができるのではないかという思いでございます。

弊社のエントランスに入りますと、大きなレッドリボンとピンクリボンのオブジェが目に入ります。来社された皆様にも、関心を持っていただくために。そして、自分自身や周りの人たちの大切さを知っていただくために。

社会貢献委員会 2010啓発ポスター(小さな画像にマウスをのせると、拡大ポスターが変わります。)

社会貢献委員会 2010啓発ポスター(小さな画像にマウスをのせると、拡大ポスターが変わります。)

社会貢献委員会の活動内容

■ラブ活2016キャンペーン実施

ラブ活委員長に鈴木奈々さんを起用し、コンドームを正しく使用し、男女が性と正しく向き合うことを啓発する活動「ラブ活」に取り組んでいます。
詳細はここをクリック(ラブ活キャンペーンページが開きます)

■コンドーム大喜利キャンペーン

コンドーム使用シーンをお題に、コンドーム装着のマナーを清く、楽しく、ユニークに主張するら部活presents「コンドーム大喜利」を開催。

■コンドーム啓発ソング

男女が性と正しく向き合うことを啓発する活動「ラブ活」のコンドーム啓発ソング「ラブ活 ノンノン・レディ・ゴー」で、コンドームの正しい使用方法と、コンドームの大切さをポップでリズミカルな歌にのせてお届け。

■明治大学学生赤十字奉仕団クローバー×すぎなみレッドリボンプロジェクト
キックオフトークイベント

ラブ活応援委員長 鈴木奈々がスペシャルゲストとして登場!!

■くわえゴムキャンペーン

グラマラスバタフライシリーズのコンドームを口元にくわえた“くわえゴム”写真やイラストをInstagramやTwitterに投稿して頂くSNS企画。

2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

モントリオール宣言

性の健康への促進

性の健康世界学会
第17回世界性科学会会議(モントリオール2005)

生涯を通じた「性の健康」の促進に全力を尽くすことを明言とし、過去の宣言の再確認とともに、持続可能な健康と開発に関する目標、および指標の実現に向けた共同行動のために宣言された「モントリオール宣言」に、ジェクスは賛同します。

モントリオール宣言 概要

  1. すべての人々の「性の権利」を認識し、促進し、保証し、保護する
  2. ジェンダーの平等を促進させる
  3. あらゆる形態の性暴力および性的虐待を排除する
  4. セクシャリティに関する包括的な情報や教育を広く提供する
  5. 生殖に関する健康のプログラムの中心的課題は「性の健康」である、という認識を確立する
  6. HIV/AIDSや他の性感染症(STI)の蔓延を阻止し、状況を改善する
  7. 性に関する悩み、性機能不全、性障害の存在を認識し、それらに取り組み、治療する
  8. 性の喜びは幸福の一要素であるという認識を確立する

ジェクスの取り組み

・レッドリボン運動
HIV/AIDS防止へのコンドーム普及活動
・社会貢献委員会の発足
コンドームの提供・普及への後援
・女性性機能障害への重点的取り組み
女性のための生活向上商品の開発企画
・ジェンダーへの取り組み
HIV/AIDS蔓延防止の推進運動・商品開発
・出産、産後のサポート
ベビー用品ブランドチュチュベビーにて